こんにちは、ヒーローズ 金沢 増泉校 塾長の木原です。

梅雨でパッとしない日が続きますが、梅雨が明けるとあっという間に夏が到来ですね。
あと1か月で夏休みが待っており、子どもたちは期待を膨らませていることかと思います。

しかし、中学生・高校生は通らなければならない関門があります。
そうです、定期テストですね。

金沢の学校でも定期テストが間近で、当塾も定期テスト対策を鋭意やっています。
今回はテスト勉強には欠かせない、タイムマネジメントのお話をしたいと思います。

●時間は最も大切な資産
まず認識していただきたいこととして、時間だけは平等に与えられています。
スポーツや音楽、勉強、それぞれ得意・不得意がありますが、一日の時間はみんな同じです。

「時間は大切ね、ハイハイ分かっていますよ」

とお答えになるかもしれません。
しかし、その認識を果たして実行に移しているでしょうか。

時間は概して、他者に奪われていると認識してください。
友だちからのLINE、TV番組、暇つぶしで見る動画サイト…。

「奪われている時間はどのくらいか」再認識してみてください。
1日を換算すると、1440分です。
睡眠や食事、学校などの時間を差し引くとほとんど残らないのではないでしょうか。

意外と少ない1日の時間について、振り返ってみましょう。

●『未来の理想』より『現在の誘惑』のほうが強いことを認識しよう
テスト勉強の敵として、「先延ばし」があるかと思います。
私たちは概して様々なことを先延ばししがちです。

人間には「現在バイアス」という心理が働きます。
目の前のことを未来よりも過大評価してしまい、安易に現在を選択してしまうことです。

しかし、現在の満足度より、将来の満足度のほうがはるかに大きいはずです。
先延ばしの誘惑、『現在の誘惑』に負けそうになったときは、
まずは、「これは現在バイアスの傾向だ」と客観的に観察してください。

そして、『未来の理想』を思い浮かべ、以下の自問をしてみましょう。
「これをクリアしたらどんないい思いをするのだろうか?」
「これをやらなかったらどんな気分を味わうだろうか?」

こうして先延ばしと向き合ってみましょう。

時間について、意外と無頓着だったりするものです。
また、バイアスは完全には消すことはできません。

必ずかかるものだと認識し、無理に消そうとして罪悪感に苛まれないように、
上手に付き合うことが何よりも大切だと思います。

2019/06/25